豊田自然農園

バイクが大好きな人のブログです。自然栽培(無施肥,無農薬,無化学肥料)で米を作っています。

Dトラッカーキャブセッティング

全域で濃かったので、セッティングしてみた。

 

キャブを外さないでやる方法。
f:id:toyodanouen:20210622204449j:image

シートと燃料タンクを外して、

アクセルケーブルを外して、

キャブに付いているアクセルケーブルホルダー(ステー)を外して、

クーラントホース外して(クーラントは少し漏れる)

エアクリとマニホールドのバンドを緩めて、

キャブだけ回す。

こうするとフロートチャンバーに横(車体右側、マフラー側)からアクセスできる。

エアクリーナーボックスを外さなくてよいので楽。

 

JN:N1RX

MJ:#135

が付いていた。

 

サービスマニュアルを確認してみた。
f:id:toyodanouen:20210622204510j:image

Eの方がCVK34。

CVK32はレーサーの方。

大体合ってた。

 

パーツカタログを確認してみた。
f:id:toyodanouen:20210622204536j:image

あれ、全然違う。

JN:N5AV

MJ:#120

 

 

エンジンは2002年式に載せ替えしてた…

キャブはそのまま使ってたので…

たぶん昔乗ってたKLX250ESのを流用してたかも…

 

ジェットはDトラのやつが倉庫にあった。

f:id:toyodanouen:20210622204619j:image

上がKLX250ESのもの(98年式より昔の型式)

下がDトラとか無印KLXのもの(98〜07年式くらいの型式)

 

てことで、JN,NJ,MJをDトラのものに変更した。

JN:N5AV

MJ:#118

NJ:Dトラのやつ(ジェットには番号書いてなかったが、穴の位置とかがESと違うから変えた) 

 

一応、油面も見ておいた。
f:id:toyodanouen:20210622204603j:image

フロートチャンバの合わせ面とほぼ一致したので、OKのようだ。

 

ということで、KLXとDトラのキャブ流用は注意。

年式によってセッティングが違う。

ということはエンジンも違うのか?排ガス規制(KLEEN)の関係かな?

 

サービスマニュアルは97までのやつだったみたい。

Dトラのやつは確か、紙媒体のやつが実家にあったような気がする。

今度持ってこよう。

 

試走したら、絶好調!

レスポンスもかなり良くなった。

全域で濃い症状は改善されたと思う。